• リハビリテーションの必要性

    痛みなく体を動かせるように

    怪我をしたときなど、最初はどうしても動かすことが出来なかったりします。
    もちろん、動かしてはダメだということもあるし、また、痛みから動かせない
    こともあるでしょう。そしてその状態を続けてはダメなので、
    ちゃんとそのあとで体を動かすことができるようにリハビリテーションはする
    必要があります。

    さて、小さな怪我であれば、別にリハビリテーションの必要はないでしょう。
    ですが、骨折とかヒビを入れてしまったなど、それが完治するまでに時間が
    かなり必要なものの場合は、再び自然に動かすことが出来るように
    リハビリテーションをする必要があります。

    やはり、リハビリテーションをするのとしないのとでは全くその後が
    違うとも言えます。実は私ですが、お同じ症状で病院に行ったことがあるのですが、
    1回目はリハビリテーションをしなくて、2回目はしたことがありました。
    年齢的なものとかいろいろと影響しているのかもしれませんが、
    2回目のほうがその後の痛みもなく、自然に動せるようになっているとも思います。