• リハビリ系職業の就職先

    身体障害者施設

    リハビリを必要としている場所は病院だけではありません。
    例えば、身体障害者が暮らす場所として知られている施設でも
    しっかりとしたリハビリを必要としています。

    従って、身体障害者施設もリハビリ系職業の就職先であると言えるでしょう。
    さて、事故等で失ってしまった機能の改善がリハビリの目的ですが、
    残された能力をより高めていく事も大切です。脚を使って歩く事が出来なくても、
    松葉杖や車椅子を使うことでその機能を代替することが出来ます。
    そういう時にも、専門的な知識が必要になります。

    さらには、体力等の維持も重要な目的の一つです。筋力等は毎日の運動によって
    維持されるので、その為にはしっかりとしたプログラムを用意してその人に
    最適な訓練を欠かす事が出来ません。

    また、健康を維持する上でも、体を動かす事は大切です。
    そういった事からも障害者施設でのリハビリはとても重要な役割を
    担っているということが解かります。
    専門的な知識を持った人が身体障害者施設では必要であるという訳です。